仕手株はうまく乗れば短時間で簡単に大きな利益を出すことが可能ですが、軽い気持ちで買うと高値掴みになります。チャンスがある一方リスクも高いということを良く理解しなくてはなりません。

非上場の日本サブウェイ株式会社は仕手株の下落ない

仕手株というのは密かに株を買い集め、一定の株が集まった時に今度は株を買い上げて、買いが買いを呼ぶ状況を作り上げその状態になった時に、今まで買い集めた株を売りつけて高値で売りぬくものです。
そのため、仕手株というのはあっという間に上昇したかとおもうと下落も早く、仕手株だということを知らずに高値で飛びついてしまうと、そのままずっと取り残されてしまうことがあります。

このような株は当然上場している銘柄でなければ出来ませんから、日本サブウェイ株式会社のように非上場の銘柄では、行うことができません。
日本サブウェイ株式会社のように上場していない企業に投資して、上場させてから高値で売りぬくという方法もありますが、そのような方法は一般的にベンチャー投資として事業として行われていることが多く、仕手株としてこのようなやり方が行われることがありません。
日本サブウェイ株式会社は親会社がサントリーでありますが、サントリーも非上場銘柄であるため仕手株となることはありません。
仕手株の標的となるのはあくまでも上場企業に限った話であり、さらに取引があまり活発でない目立たない企業であることが条件となります。
その理由としては株の買占めがしやすく、株価の吊上げをしやすいためとにかく株価を吊り上げられなければ意味がないため、目立たない地味な企業が狙われることになります。
そして、そのような企業が業績関係なしに買い上げられるため高騰や下落を繰り返しながら、仕手筋が売り抜けをした後は最終的には元の位置まで下落してしまうことが多いのです。
仕手株は投資の本質とは外れたギャンブルと同じようなものであるため、このような銘柄に投資をする際には特に注意をする必要があります。