仕手株はうまく乗れば短時間で簡単に大きな利益を出すことが可能ですが、軽い気持ちで買うと高値掴みになります。チャンスがある一方リスクも高いということを良く理解しなくてはなりません。

仕手株?にぎり長次郎の決算発表後の子会社化

巨大資本を使った巨額の売買を行い市場株価を釣り上げて利益を上げる仕手筋は、適法違法の境の事を行う極めて不健全な集団です。仕手筋により値段を釣り上げられた株銘柄を仕手株といいます。仕手株となる要件は、仕手筋が資金を使って大量に売買できる事が重要ですので、通常は市場価格の中で格段に安い株という事になります。通常はこの様な株の事をボロ株といいますが、仕手筋は豊富な資金を使ってボロ株を買う事により株価を高値へと操作します。当然、この際の株価は、企業業績とは関係ないので、企業業績を重視して行う通常の株取引の常識は通用しません。特に、株取引に不慣れな初心者が値段が上がった事を勘違いして仕手株を買うと大きな損失を被る危険があります。仕手筋は、株価操作により他の参加者の買い気が強り株価が更に上がった時点で大量の売りを行い巨額の利益を得ます。更に、同時に大量の空売りを行います。この操作により、株価は急激に崩れます。値崩れした時点で、空売りした株を買い戻せば利益が確定します。この様な株価変化は、通常は突然起こりますので予想不可能ですので、仕手株の事を知らずに参加すると大幅な損益を被ります。くれぐれも初心者は仕手株の売買は避けるべきです。ただ、この株は仕手株ですよという表示がある訳ではありませんので、平均的な株価指標を使い、株価やその変化の検討を十分に行う必要があります。通常は、非常な安値からの急激な上昇で仕手株と推定します。この様な変化は、通常の株取引では業績変化でおきますが、会社の合併などでも起こります。最近では、にぎり長次郎を経営するフーズネットの子会社化を5月末日の決算発表後に行い、株価の値下がりが止まったサトレストランシステムズが挙げられます。