仕手株はうまく乗れば短時間で簡単に大きな利益を出すことが可能ですが、軽い気持ちで買うと高値掴みになります。チャンスがある一方リスクも高いということを良く理解しなくてはなりません。

仕手株銘柄の見分け方

仕手株銘柄という情報が存在していますが、実際にそれが仕手株であるかどうかは確認の使用がありません。仕手株銘柄と言うのは状況証拠により、結果的に仕手株であることが疑われるものであるということが疑われる銘柄であると言うだけのことです。しかしながら仕手株銘柄として数えられる銘柄の中には他に説明の使用のない動きをしているものが殆どであり、状況証拠しかないということが事実である半面、おそらく間違いはないだろうと考えられる銘柄が集中しています。
仕手株として狙われやすい銘柄と言うものははっきりとしています。それは大きな資金を持つことによって株価の操作がしやすい小型株の銘柄です。株価が大きく発行株式の多い企業の株価を操作することは如何に大きな資金を持っていても困難極まります。そのため大きな資金があれば支配的に操作できる可能性がある小型株であることが仕手株とされやすい傾向があると言えます。
また、一族経営等で株式の大半を一族で握っている場合も仕手株に成りやすい傾向があります。仕手の狙いはもっぱら個人投資家であり、個人投資家の心理を使用して利益を上げようというのが仕手株の考え方であると見られています。そのため株を売る可能性が極めて低い一族経営の会社の場合には発行数に比べて流動性が低くなるために仕手株銘柄になりやすい可能性を持っていると言えるでしょう。
いずれにしても理由の明確ではない株の高騰や下落が発生する場合には仕手筋の活動であることを疑わずにはいられません。その流れに敢えて乗って利益を得ることも可能ですので自信があればその筋に参戦するのも良いでしょう。しかしながら初心者の場合には利益を奪われる結末が多いため、手を出さない方が賢明でしょう。